PR

北口榛花ハーフの真相☆身長、体重、胸(バスト・カップ)サイズ!やり投げ女子

スポーツ

日本女子やり投げのエース、北口榛花(きたぐちはるか)さん。

キュートな笑顔や仕草がかわいいと評判です。

見た目の可愛さと恵まれた体格からなのか「ハーフなの?」と噂もありますが、本当のところどうなんでしょうか?

そこで今回は女子やり投げ日本代表の北口榛花(きたぐちはるか)さんハーフなのか?ご両親について調べてましたので紹介します。

広告

北口榛花ハーフの真相とは?

綺麗 ハーフの女性 スマイル 明るい|m010462

ヤフー検索で北口榛花さんを検索すると「北口榛花 ハーフ」と出てきます。

どうやら北口榛花さんは「ハーフなのではないか?」という噂があるようですが、じっさいのところはどうなのでしょうか。

北口榛花ハーフの真相

結論から言うと、北口榛花さんの両親は日本人なのでハーフではありません。

かわいらしい顔立ちや、日本人離れした恵まれた体格、明るい性格からくる抜群のコミュ力 からそのように思う方がおられるのだと思います。

彼女のルーツや家族背景について、詳しく探ってみましょう。

北口榛花さんは生年月日1998年3月16日で北海道旭川市出身です。

高校まで地元で過ごしており、日本生まれ日本育ちの日本人です。

北口榛花のお父さん

お父さんの名前は北口幸平さん。

地元北海道のホテルで製菓料理長をつとめるパティシエをされています。

榛花さんの大きな体はお父さんの作るおいしいお菓子があったからなのかも知れませんね。

北口榛花のお母さん

お母さん名前は北口規子さん。

以前はバスケットボールのコーチをやられていました。

榛花さんが小さい頃は一緒にバスケットをされていたそうです。

高い身体能力と運動神経のよさはお母さんの譲りなんだと思います。

 

という事でご両親とも日本人という事で北口榛花さんはハーフではありませんでした。

彼女の魅力的なルックスやその背後にあるストーリーは、多くのファンの心をつかんでいます。

彼女の家族背景を知ることは、彼女のパーソナリティとキャリアにどのように影響を与えたのかを理解する手がかりにもなります。 ファンとして、彼女のこれからの活躍をさらにサポートしていきましょう!

 

広告

北口榛花の身長・体重・バストサイズ

北口榛花さんがハーフ?と噂される要因ともなった恵まれた体格が気になってる方が多くおられるようです。

北口榛花さんの身長や体重、そしてバストサイズについての情報をまとめてみました。

北口榛花さんは、身長が179cm、体重が86kgです。

日本人離れした、圧倒的に素晴らしい体格ですよね。

しかし、当然ながらモデルさんではないのでバストサイズなんてのは公表されてるわけがないです。

写真を見る限り、金メダル級のサイズであることは間違いないですね!

下の画像では左から3番目にいるのが北口榛花さんですが周りの男性陸上選手などと比べても体格が引けをとっていないのがスゴイです。

画像
出典:https://pbs.twimg.com/

 

次に紹介するのは2020年の日本選手権女子やり投げ表彰式での一枚ですが、同じ女子やり投げ選手と比べてもダントツで大きなサイズであることがわかります。

日本人離れしたそのスタイルは、多くの人々の注目を集めています。

この体格を存分に生かし、66mという日本記録を持つ日本ナンバーワンの選手となっています。

そんな北口榛花さんですが、実はやり投げの競技歴は浅く高校進学のキッカケに始めたといいます。

当時はやり投げだけでなく、砲丸投げや円盤投げなど投てき種目に取り組んでいました。

2015年7月(当時高校3年生)で行われた世界ユース陸上選手権でやり投げで60m35cmを記録し、見事に金メダルを獲得しています。

競技歴わずか2年程度で世界大会で優勝するなんて驚きですね!

 

北口榛花さんは小学校時代からバドミントンや水泳をしていたそうで数々の大会などに出場しました。

バドミントンでは全国大会で団体優勝するほどの腕前だったそうです。

子供時代から運動能力が長けていたようですね。

短い期間にやり投げで大成したのは、バドミントンで鍛えた肩が下地にあったからかも。

 

でもバドミントンで優勝するほどの実績を残しているのに陸上競技に転向するなんて勇気のある決断をされましたね。

北口榛花さんの卓越した体格は、彼女のアスリートとしての成功にどれほど貢献しているのでしょうか。 彼女のトレーニングやダイエットについてもっと知りたくなりますね。

 

彼女の身長と体重が彼女のパフォーマンスにどのように影響を与えているのかを考えるのは興味深いですね。 これからも彼女のスポーツにおける成績を応援していきましょう!

 

追記

北口榛花さんの最近の活躍、ご存知ですか?本当に素晴らしい成績を収めているんですよ。なんと、2023年の世界選手権で金メダルを獲得したんですよね!見ているこちらが感動してしまうような、美しい投げを見せてくれました。

そして、2022年のオレゴン世界選手権大会でもしっかりと銅メダルを手に入れているんです。

おまけに、2023年世界選手権の優勝で、2024年のパリオリンピックの日本代表選手にも内定しているんですよ!

これからも北口榛花さんの更なる活躍が楽しみですね。次のオリンピックでも、彼女の素晴らしいパフォーマンスを見ることができることを、私たちは心待ちにしています。

 

広告

北口榛花:かわいい画像をピックアップ!

北口榛花さんのビジュアルには、多くのファンが魅了されています。 彼女の明るい笑顔やポジティブなエネルギーについて、詳しく紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka Kitaguchi(@giantbaby_paru)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka Kitaguchi(@giantbaby_paru)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka Kitaguchi(@giantbaby_paru)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka Kitaguchi(@giantbaby_paru)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka Kitaguchi(@giantbaby_paru)がシェアした投稿

北口榛花さんの可愛らしい画像は、多くのファンを喜ばせています。 彼女の明るい笑顔とポジティブなエネルギーは、私たちすべてに元気を与えてくれます。

彼女のビジュアルは、パフォーマンスだけでなく、彼女の人柄の良さ表しています。 これからも彼女のキャリアとともに、その魅力を追いかけていきましょう!

広告

北口榛花の詳細プロフィール

 

名前 北口榛花(きたぐちはるか)
生年月日 1998年3月16日
身長 179cm
体重 86~89kg
出身地 北海道旭川市
最終学歴 日本大学
専門種目 陸上競技・やり投
専門種目の魅力 美しい放物線
競技を始めるきっかけ 高校の先生に誘われて
趣味 K-POP、韓国ドラマ、食べること、寝ること
北口榛花さんのプロフィールを詳しく知ることで、彼女の成功の背後にあるストーリーを理解することができます。 彼女の経歴と経験は、多くの若いアスリートにとってモチベーションとなるりますね。

北口榛花 主な経歴・実績

水泳

幼いころからスイミングスクールに通いっていた。

特に自由形が得意で、中学時代は泳力に磨きをかけ全国大会出場を果たす。

高校では1年生でインターハイ予選に出場。

バドミントン

小学校からバドミントンをはじめ、スイミングと二足のわらじだった。

小学6年生の時に、団体で全国大会優勝!

現在、世界のトップで活躍する山口茜さんとも対戦経験があります。

やり投げ

2015年 世界ユース選手権 優勝
2019年 日本選手権 優勝
2019年 世界選手権ドーハ出場
2021年 日本選手権 優勝
2021年 東京2020オリンピック決勝進出
2022年 ダイヤモンドリーグ 優勝、ダイヤモンドリーグ・ファイナル 3位
2022年 世界選手権オレゴン 3位
2023年 世界選手権ブダペスト 優勝

*日本記録保持者(67m38)

2023年9月8日ダイヤモンドリーグ・ブリュッセル大会(ベルギー)にて67.38mの日本記録を更新し、見事優勝されました!

おめでとうございます!

 

彼女のストーリーは、夢を追い求めるすべての人々に希望とインスピレーションをもたらします。 これからも彼女の旅を見守り、彼女のこれからの成功を祈りましょう!

まとめ

北口榛花さんのこれまでのキャリアは、多くのファンやアスリートに刺激を与えてくれています。彼女の努力と才能が組み合わさって、日本女子トラック競技史に残る最高の選手の一人といえるでしょう。

これからも北口榛花さんのアスリートとしての旅は続いていきます。最新の情報やアップデートには常に注目して、彼女のこれからの活躍を応援しましょう!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました