PR

マッシュルの強さランキングTOP25を徹底解説!神覚者の実力は!?

「マッシュル」は、魔法が全てを支配する世界を舞台にした、筋肉と意志の力で立ち向かう主人公マッシュ・バーンテッドの物語です。この記事では、その魔法界で輝くトップ25のキャラクターたちをランキング形式で紹介します。

広告
  1. マッシュル強さランキングTOP25(1位〜5位)
    1. 1位: マッシュ・バーンデッド
    2. 2位: アダム・ジョブズ
    3. 3位: イノセント・ゼロ
    4. 4位: ウォールバーグ・バイガン
    5. 5位: メリアドール
  2. マッシュル強さランキングTOP25(6位〜10位)
    1. 6位: ドゥウム
    2. 7位: ライオ・グランツ(神覚者)
    3. 8位: レイン・エイムズ(神覚者)
    4. 9位: ファーミン
    5. 10位: エピデム
  3. マッシュル強さランキングTOP25(10位〜15位)
    1. 11位: デリザスタ
    2. 12位: ドミナ・ブローライズ
    3. 13位: カルド・ゲヘナ(神覚者)
    4. 14位: マーガレット・マカロン
    5. 15位: レヴィ・ローズクォーツ
  4. マッシュル強さランキングTOP25(16位〜20位)
    1. 16位: ランス・クラウン
    2. 17位: アビス・レイザー
    3. 18位: オーター・マドル(神覚者)
    4. 19位: レナトス・リボル
    5. 20位: ソフィナ・ブリビア(神覚者)
  5. マッシュル強さランキングTOP25(21位〜25位)
    1. 21位: カルド・ゲヘナ(神覚者)
    2. 22位: ツララ・ヘイルストーン(神覚者)
    3. 23位: アギト・タイロン(神覚者)
    4. 24位: セル・ウォー
    5. 25位: アベル・ウォーカー
  6. 「マッシュル」神覚者とは?
    1. 神覚者の選出過程
    2. 神覚者が享受する特権
    3. 神覚者の責任
  7. 「マッシュル」神覚者になるには?
    1. 級硬貨を集める
    2. 神覚者候補選抜試験
    3. 神覚者選定最終試験
  8. 「マッシュル」神覚者、神格者どっちが正解?
    1. 「神覚者」を解説
    2. 「神格者」を解説
    3. 「神覚者」が正しい理由
  9. 「マッシュル」強さランキング まとめ

マッシュル強さランキングTOP25(1位〜5位)

評価基準は、各キャラクターの魔法の強さ、戦闘での実績、物語内での重要性、そして彼らが魔法界に与えた影響の大きさに基づいています。

1位: マッシュ・バーンデッド

  • 固有魔法: なし。全てを圧倒する筋力と身体能力で戦う。
  • アザ:なし
  • 寮: アドラ寮
  • 特徴: 魔法が使えない主人公。筋トレにより培った圧倒的な筋力で魔法の世界を生き抜く。温和な性格でシュークリームが大好き。
  • 能力・強さ: 魔法を物理でねじ伏せるほどの筋力。ドラゴンをも撃退する力を持ち、イノセント・ゼロを筋肉で倒し、魔法界に新風をもたらす。

マッシュの筋力は、魔法が支配する世界において異例の存在を示しています。

彼の筋肉は、文字通り魔法を打ち破る力を持ち、ドラゴンを撃退し、最終的には魔法界最強と謳われたイノセント・ゼロをも倒すほど。

この圧倒的な物理力は、魔法に頼らない新たな可能性を魔法界に示しました。

彼の存在は、魔法だけが全てではないという新風を魔法界に吹き込み、物語の核心をなすため、第1位に輝きます。

2位: アダム・ジョブズ

  • 固有魔法: 闇魔法を含む、魔法界を束ねた絶大な力。
  • アザ:2本線
  • 特徴: 魔法界を整え、魔法局を作った歴代最強の魔法使い。ウォールバーグ、イノセントゼロ、メリアドールの師匠。
  • 能力・強さ: 魔法界の歴史に名を刻むほどの強大な魔法力。

アダム・ジョブズは、魔法界の基礎を築いた伝説の魔法使いです。

彼の遺した教えは、ウォールバーグ、イノセントゼロ、メリアドールといった強力な弟子たちを通じて、魔法界全体に深い影響を与え続けています。

彼の魔法とその影響力は、時代を超えて物語における重要な柱となっており、その歴史的な重要性から第2位に位置付けられます。

3位: イノセント・ゼロ

  • 固有魔法: 闇魔法、時間魔法を含む多彩な魔法を操る。
  • アザ:4本線
  • 特徴: 「無邪気な淵源」のボス。アダム・ジョブズの弟子で、マッシュの実父。他人の固有魔法を奪う能力を持つ。
  • 能力・強さ: 他人の魔法能力を奪う能力、闇魔法や時間魔法を含む多彩な魔法を操る。

イノセント・ゼロは、物語における最大の敵役として、その圧倒的な魔法力と策略で多くの挑戦者を圧倒しました。

彼の存在は、マッシュをはじめとするキャラクターたちの成長の大きな契機となり、物語のクライマックスを飾る重要な役割を果たしました。

彼の魔法使いとしての強さと、物語における深い影響力が、第3位の評価に値します。

4位: ウォールバーグ・バイガン

  • 固有魔法: 空間魔法、古代魔法など。
  • アザ:
  • 特徴: イーストン魔法学校の校長。元神覚者であり、マッシュの理解者。
  • 能力・強さ: 現魔法界イチの魔法使いと評されるほどの強力な魔法力を持つ。

ウォールバーグ・バイガンは、魔法界における教育と指導の最前線であり続け、多くの若き魔法使いたちに影響を与えてきました。

彼の戦い方と魔法の知識は、イノセント・ゼロとの戦いを含め、数々の困難を乗り越える鍵となりました。

彼の実力と、魔法学校校長としての責任感あふれるリーダーシップが、第4位の位置づけにふさわしいものです。

5位: メリアドール

  • 固有魔法: チェーンソーを使った回復魔法など、具体的な魔法は不明だが、高い治療力を持つ。
  • アザ:1本線
  • 特徴: イノセント・ゼロ編で登場。長髪が特徴的な美女で、ウォールバーグ、イノセントゼロと同じくアダム・ジョブズの弟子。
  • 能力・強さ: 全盛期はウォールバーグよりも強かったとされる。回復系の魔法が得意。

メリアドールは、アダム・ジョブズの弟子としてのみならず、その神秘的な魔法能力で物語に深い印象を残しました。

彼女の回復魔法は、多くのキャラクターたちにとって不可欠な支えとなり、彼女の未知なる力と魔法界における重要な位置づけが、第5位の理由です。

広告

マッシュル強さランキングTOP25(6位〜10位)

6位: ドゥウム

  • 固有魔法: ミラージュ。全てを圧倒する身体能力と戦術で戦う。
  • アザ:なし
  • 特徴: 「無邪気な淵源」の一員で、イノセント・ゼロの息子。盲目でありながら、その身体能力はマッシュに匹敵する。
  • 能力・強さ: マッシュと互角に戦うほどの身体能力。ランス・ドットコンビには5割未満の力で圧倒。

ドゥウムの身体能力は、マッシュルの世界における最高峰の一つです。

彼の戦い方は、筋力だけでなく、戦術的な洞察力も兼ね備えており、その全盛期の力は未だ完全には明かされていないため、その可能性を秘めた強さが第6位の評価につながります。

7位: ライオ・グランツ(神覚者)

  • 固有魔法: ライツ。光を操ることで敵を圧倒する。
  • アザ:3本線
  • 特徴: 神覚者の1人で、「光の神杖」の称号を持つ。魔法警備隊隊長で、マッシュに対しても友情を示す。
  • 能力・強さ: 7割のドゥウムを圧倒し、彼に隙がないと言わしめた。しかし、8割のドゥウムには敗北。

ライオ・グランツの光魔法は、その速さと破壊力で多くの敵を圧倒してきました。

彼の戦い方は、魔法界における「光の速さ」の比喩とも言えるほどで、その実力は神覚者の中でもトップクラス。

彼の敗北はあったものの、その戦いぶりは、第7位の位置を確固たるものにしています。

8位: レイン・エイムズ(神覚者)

  • 固有魔法: パルチザン。剣を操る魔法で、物理的なダメージを与える。
  • アザ:3本線
  • 特徴: アドラ寮の監督生で、史上最年少で神覚者に選出された天才。フィン・エイムズの兄。
  • 能力・強さ: 呪文の詠唱なしで剣をコントロールし、その殺傷能力は魔法界でも有数。

レイン・エイムズの剣魔法は、その直接的な攻撃力で多くの敵を倒してきました。

史上最年少で神覚者になった彼の才能は、将来性を含めて非常に高く評価されており、その実力とポテンシャルが第8位の理由です。

9位: ファーミン

  • 固有魔法: トランスペマンツ。物を透明にする能力で、自分や身につけたものを相手の認識から外す。
  • アザ:3本線
  • 特徴: 「無邪気な淵源」のメンバーで、「悪魔の五つ子」の次男。ピエロのような姿が特徴。
  • 能力・強さ: 自分を透明にすることで敵の攻撃を避け、不意打ちを得意とする。

ファーミンの透明化魔法は、戦闘において非常に有利な条件を作り出します。

しかし、その能力を最大限に活かしきれずに敗れたことが、彼の順位を9位に留める要因となりました。

その独特の能力と、物語における彼の役割は、間違いなく注目に値します。

10位: エピデム

  • 固有魔法: オリハルゴ。攻防ともに優れた素材・オリハルコンを操る。
  • アザ:3本線
  • 特徴: 「無邪気な淵源」の「悪魔の五つ子」の3男。マッドサイエンティストのような性格。
  • 能力・強さ: オリハルコンを操ることで、難攻不落の巨人族の軍団を単騎で殲滅したほどの攻撃力。

エピデムのオリハルコン魔法は、その汎用性と破壊力で多くの敵を倒してきました。

彼の魔法は、物理的な強さと魔法の融合を示すものであり、その実力は神覚者候補としても高く評価されています。

しかし、ランスとの戦いで見せた限界が、第10位の位置づけに影響しています。

広告

マッシュル強さランキングTOP25(10位〜15位)

11位: デリザスタ

  • 固有魔法: アスカロン。矛を生み出す魔法で、屈強な敵をも圧倒。
  • アザ:3本線
  • 特徴: 「悪魔の五つ子」の4男で、享楽的な刹那主義者。派手好きで、自分の兄弟であっても平気でバカにする性格。
  • 能力・強さ: エルフ族の最強戦士50人を1人で圧倒するほどの実力。しかし、最期は頭を割られ、回復が間に合わず死亡。

デリザスタの固有魔法「アスカロン」は、彼の戦闘スタイルを象徴するものであり、その圧倒的な攻撃力で多くの敵を倒してきました。

しかし、その強さを最後まで生かしきれずに敗れたことが、彼の順位を11位に留める要因となりました。

彼の死は、物語における重要な転換点ともなり、彼の存在感とその終焉は、読者に深い印象を残しました。

12位: ドミナ・ブローライズ

  • 固有魔法: ウェイブ。水の魔法を操り、敵を圧倒する。
  • アザ:2本線
  • 特徴: 「悪魔の五つ子」の末っ子で、中性的な容姿が特徴。父への承認欲求が強い。
  • 能力・強さ: マッシュとの直接対決でその強さを見せつけたが、最終的には敗北。サモンズも使える実力者。

ドミナの水の魔法は、彼の戦闘スタイルの核となるものであり、多くの敵に対して圧倒的な力を見せつけました。

しかし、マッシュとの戦いで敗れたことが、彼の順位を12位に留める主な理由です。

彼の敗北は、マッシュの成長物語において重要な節点となり、ドミナ自身も成長と救済の物語を持つキャラクターとして描かれました。

13位: カルド・ゲヘナ(神覚者)

  • 固有魔法: 黒炎を操る能力。触れた者は尽きるまで燃え続ける。
  • アザ:2本線
  • 特徴: 魔法界の名門ゲヘナ家の嫡男で、「炎の神杖(フレイムケイン)」の称号を持つ。魔法人材管理局の局長を務め、神覚者候補の審査も彼の仕事。ひょうひょうとした性格で、人気投票では高い順位を獲得。
  • 能力・強さ: 黒炎の剣で敵を一瞬で倒す能力を持つ。しかし、「悪魔の五つ子」戦には参戦せず、その実力を完全には示していない。

カルドの黒炎は非常に強力で、彼の戦闘スタイルを独特なものにしています。

しかし、彼が直接強敵と戦った描写が少ないため、実力の全貌は未だに謎に包まれています。

そのため、このランキングでは13位と評価されています。彼の真の力と魔法界での役割に期待が集まります。

14位: マーガレット・マカロン

  • 固有魔法: サウンズ。音を操る魔法で、高い汎用性と戦闘力を持つ。
  • アザ:2本線
  • 寮:オルカ寮
  • 特徴: オルカ寮監督生で、女性言葉を話す大柄な人物。退屈を嫌い、純粋に戦いを楽しむ。
  • 能力・強さ: 音速で動く能力と、相手の呪文に反応するトラップ魔法を持つ。しかし、マッシュ相手にはその効果が薄れた。

マーガレットの固有魔法「サウンズ」は、彼女の戦闘スタイルを支える重要な要素です。

その高い汎用性と戦闘力で多くの敵を圧倒してきましたが、マッシュとの戦いで見せた限界が、彼女の順位を14位に留める要因となりました。

彼女の存在は、神覚者候補としての潜在力を示しつつも、マッシュという異例の存在には及ばなかったことを物語っています。

15位: レヴィ・ローズクォーツ

  • 固有魔法: 具体的な魔法は不明だが、非常に高い魔法力と戦闘能力を持つ。
  • 特徴: 「ヴァルキス魔学校」の生徒であり、魔法局長の息子。元「イーストン魔法学校」の生徒で、神童と言われていた。
  • 能力・強さ: 素行に問題があるが、戦闘力は非常に高く、実力者だった教師を半殺しにできるほど。

若くして示した高い魔法力と、その問題行動にもかかわらず認められる実力。

広告

マッシュル強さランキングTOP25(16位〜20位)

16位: ランス・クラウン

  • 固有魔法: グラビオル。重力を操る魔法で、敵を圧倒する。
  • アザ:3本線
  • 寮: アドラ寮
  • 特徴: 編入試験をトップ通過したイケメンで、マッシュとは良きライバル関係。
  • 能力・強さ: 「七魔牙」の幹部に連戦連勝し、イノセント・ゼロの息子であるエピデムにも強大な魔力を見せつけた。

ランスの固有魔法「グラビオル」は、彼の戦闘スタイルの核心であり、その強力な重力魔法で多くの強敵を圧倒してきました。

マッシュとの友情とライバル関係は物語において重要な役割を果たし、彼の成長と変化を象徴しています。

彼の実力は神覚者候補として十分に認められており、今後のさらなる活躍が期待されることから、16位にランクインしています。

17位: アビス・レイザー

  • 固有魔法: アクセレイズ。超高速で移動し、敵の魔法を封じる能力を持つ。
  • アザ:2本線
  • 寮: レアン寮
  • 特徴: 「七魔牙」の第二魔牙で、赤い目「イヴル・アイ」を持つ美少年。
  • 能力・強さ: 高速移動と魔法封じで多くの敵に有利な戦いを展開。アベルに次ぐ実力者。

アビスの固有魔法「アクセレイズ」は、彼の戦闘スタイルを独特なものにしています。

その能力で多くの敵を出し抜き、特に魔法使いに対しては圧倒的な強さを見せました。

しかし、彼の実力はアベルとの関係性の中で特に際立っており、その忠誠心が彼の行動の大きな動機となっています。

彼の複雑な背景と強さが、17位の評価につながっています。

18位: オーター・マドル(神覚者)

  • 固有魔法: サンズ。砂を操る魔法で、広範囲の敵を一掃する。
  • アザ:3本線
  • 特徴: 「砂の神杖(デザド・ケイン)」の称号を持つ神覚者で、真面目で規律に厳しい性格。
  • 能力・強さ: 砂の魔法でイノセント・ゼロの息子を倒すなど、神覚者の中でも上位クラスの実力を持つ。

オーターの固有魔法「サンズ」は、彼の冷静かつ計算高い戦闘スタイルを支えています。

彼の実力は多くの場面で証明されており、特に指導者としての彼の貢献は、魔法界の未来を形作る上で重要な役割を果たしています。

しかし、ドゥウムとの戦いで見せた限界が、彼の順位を18位に留める要因となりました。

19位: レナトス・リボル

  • 固有魔法: アンデッツ。死者を召喚・使役する魔法で、高い再生能力を持つ。
  • アザ:2本線
  • 特徴: 「不死の神杖」と称される神覚者で、柔軟性と誠実さを兼ね備える。
  • 能力・強さ: 死者を操る能力と自身の再生能力で、ほぼ不死の存在。しかし、ドゥウムとの戦いでは敗北。

レナトスの固有魔法「アンデッツ」は、彼のほぼ不死とも言える強さの源です。

彼の再生能力と死者を使役する能力は、多くの敵にとって恐怖の対象となりました。

しかし、最強クラスの敵にはその力を十分に発揮できず、その限界が19位の評価に繋がっています。

20位: ソフィナ・ブリビア(神覚者)

  • 特徴: 「知の神杖(ノレッジケイン)」の称号を持つ神覚者で、魔法禁書管理局局長。知的な雰囲気の美女で、ぱっと見で女性だとわかる唯一の神覚者。
  • アザ:2本線
  • 能力・強さ: 言葉で相手を死に追いやる能力を持つ。ガーゴイル種族を担当し、杖で本の文字列を指し示すことで、敵を自滅させる力を持つ。
  • 魔法: 具体的な魔法名称は不明。しかし、本を使って敵に自分の死に様を口にさせ、自滅させる能力を示すシーンがある。

思慮深い性格と、言葉を使った独特の魔法能力が評価されている。

しかし、本を奪われるという弱点があるため、より強力なキャラクターに比べると若干の不足が見られる。

マッシュル強さランキングTOP25(21位〜25位)

21位: カルド・ゲヘナ(神覚者)

  • 固有魔法: 黒炎の魔法。炎を操り、攻撃や防御に使用する。
  • アザ:2本線
  • 特徴: 「炎の神杖」と称され、魔法界の名門ゲヘナ家の嫡男。魔法人材管理局の局長。
  • 能力・強さ: 黒炎の剣を使い、触れた者を尽きるまで燃やす。しかし、直接の強敵との戦いの描写が少ない。

カルドの黒炎は、彼の独特な戦闘スタイルを示していますが、物語の中での彼の直接的な戦闘の描写が少ないため、実力の全貌は明らかになっていません。

彼の社会的地位と影響力は高いものの、戦闘における実力を直接示す機会が少なかったため、21位に留まります。

22位: ツララ・ヘイルストーン(神覚者)

  • 固有魔法: 氷魔法。広範囲を凍らせる能力を持つ。
  • アザ:2本線
  • 特徴: 「氷の神杖」と称される神覚者。魔法研究管理局の局長で、寒がりながらも強力な氷魔法を操る。
  • 能力・強さ: 敵陣営を一網打尽にする広範囲の凍結能力。しかし、寒さが弱点という矛盾がある。

ツララの氷魔法は、多くの敵に対して圧倒的な優位を確立しますが、彼女自身の寒がりという特性が、戦闘時の弱点となり得ることが示唆されています。

その独特な弱点が、彼女の順位を22位に留める要因となっています。

23位: アギト・タイロン(神覚者)

  • 固有魔法: ドラゴンズ。ドラゴンを含む魔法動物を操る能力。
  • アザ:2本線
  • 特徴: 「竜の神杖」と称される神覚者。魔法動物管理局の局長で、ドラゴンを常に傍らに従える。
  • 能力・強さ: ドラゴンを使役し、敵を蹂躙する。しかし、直接の戦闘描写が少なく、実力の全貌は不明。

アギトのドラゴンを使役する能力は、彼の戦闘スタイルの核となっていますが、物語中での彼の直接的な戦闘の描写が限られているため、彼の真の実力を測ることは難しいです。

そのため、23位に位置付けられています。

24位: セル・ウォー

  • 固有魔法: カーボレイン。炭素を操る能力を持つ。
  • アザ:3本線
  • 特徴: 「無邪気な淵源」の幹部。イノセント・ゼロのクローンとして、彼に絶対の忠誠を誓う。
  • 能力・強さ: 炭素を操り、攻防に優れる。しかし、マッシュとの戦いでは卑怯な立ち回りを見せ、最終的には敗北。

セルの炭素操りの能力は、彼の戦闘スタイルを独特なものにしていますが、マッシュとの戦いでの彼の行動は、彼の実力を完全には示していません。

彼の能力と忠誠心は高く評価されますが、実戦での成果が限定的であったため、24位と評価されています。

25位: アベル・ウォーカー

  • 固有魔法: マリオネスチェンジ。人を人形に変えて操る能力を持つ。
  • アザ:2本線
  • 寮:レアン寮
  • 特徴: 「七魔牙」のリーダーで、マッシュの最初の強敵。弱肉強食を信条とする。
  • 能力・強さ: 人形魔法で敵を操る。しかし、マッシュには身体能力で敗北し、その後の展開で彼の立場は低下。

アベルの人形を操る魔法は、多くの敵に対して有効な戦術を提供しますが、マッシュとの戦いでの敗北は、彼の限界を示しています。

彼の理念と戦術は一定の評価を受けるものの、実際の戦闘での成果が他の神覚者に比べて劣るため、25位に位置付けられています。

「マッシュル」神覚者とは?

神覚者とは、魔法界で最も尊敬される存在です。年に一度、最も優秀な魔法使いに与えられる称号です。

しかし、ただの地位ではありません。彼らは魔法局に所属し、国を守る最強の戦力として、様々な特権を享受します。

神覚者の選出過程

神覚者に選ばれるためには、厳しい試験と選考過程を経なければなりません。

これには、魔法の技術だけでなく、戦略的思考やリーダーシップ能力も試されます。

選出された神覚者は、魔法界のエリートとして、国の安全と秩序の維持に責任を持ちます。

彼らは魔法局の中でも特に重要な役割を担っており、その決定は魔法界全体に影響を及ぼします。

神覚者が享受する特権

神覚者になると、多大な特権が与えられます。これには、貴族階級への昇格や大量の助成金が含まれます。

これらの特権は、神覚者が社会で尊敬される理由の一つです。

さらに、神覚者は最先端の魔法研究へのアクセス権を持ち、新しい魔法の開発にも関わることができます。

これにより、彼らは魔法技術の進歩に大きく貢献しています。

神覚者の責任

神覚者は、魔法界の平和と安全を守るために、日々努力しています。

彼らは、国内外の脅威から国を守る最前線に立ち、強大な魔法力で対抗します。

また、若い魔法使いの育成にも関わり、後進の指導者としての役割も担っています。

神覚者たちは、自らの経験と知識を次世代に伝え、魔法界の未来を形作っていく重要な存在です。

「マッシュル」神覚者になるには?

神覚者になるためには、厳しい試験をクリアする必要があります。

これには級硬貨を集めることから始まり、神覚者候補選抜試験、そして最終的には神覚者選定最終試験を突破しなければなりません。この過程は、ただの力試しではなく、彼らの精神的な成長も試される場となっています。

級硬貨を集める

神覚者の道は、級硬貨を集めることから始まります。

これらの硬貨は、魔法学校での成績や課外活動によって授与され、学生の能力と努力を示す指標となります。

金色の級硬貨を一定数集めることが、次のステップへ進むための最初の門戸となります。

この過程は、学生たちにとって自己の能力を証明する大きなチャンスです。

神覚者候補選抜試験

級硬貨を集めた後、学生は神覚者候補選抜試験に挑戦します。

この試験は、候補者の魔法技術だけでなく、戦略的思考や協調性を試す多岐にわたる挑戦を含みます。

試験は複数の段階に分かれており、各段階をクリアすることで、最終的に神覚者選定試験への参加資格を得ることができます。

このステップは、非常に競争が激しく、多くの候補者が脱落します。

神覚者選定最終試験

最終的な関門である神覚者選定最終試験は、候補者の全てを試します。

この試験では、単に魔法の力量を超えた、倫理的判断やリーダーシップ能力が問われます。

成功すれば、神覚者としての地位を獲得し、魔法界で最も尊敬される存在の一人となります。

この地位は、莫大な特権と共に、重大な責任も伴います。

「マッシュル」神覚者、神格者どっちが正解?

結論から言えば、神覚者が正しいです。

「神覚者」という言葉を漢字一文字ずつに分解してみましょう。


  • :この漢字は「超自然的な存在」や「霊的な力を持つ存在」を意味します。日本文化や多くの宗教において、神は宇宙や自然現象、人間の運命に影響を及ぼす力を持つとされています。

  • :「気づく」「悟る」の意味を持ちます。この漢字は、何かを深く理解したり、ある真理に到達したりする過程を示します。精神的な目覚めや、高い意識の状態を指すことがあります。

  • :「人」を意味する漢字で、特定の能力や資質、役割を持つ人物を指します。

「神覚者」を解説

「神覚者」という言葉は、これらの漢字が合わさることで「神に選ばれ、その意志や力を理解し、悟りを開いた人物」という意味を持ちます。

この言葉は、単に神の力を持つという以上に、神の意志を深く理解し、それに応じて行動できる特別な存在を指すために使われます。

「神格者」を解説

一方で、「神格者」という言葉を考えると、「神格」とは神としての地位や属性を意味します。

したがって、「神格者」は神としての資質や属性を持つ人物を指すことになりますが、これは「神覚者」とは異なり、単に神としての資質を持つという意味合いになります。

「神覚者」が正しい理由

「神覚者」が適切な表現である理由は、この言葉が持つ「悟り」や「理解」という側面にあります。

神の力を授かるだけでなく、その力の本質を理解し、神の意志に沿って行動する能力を持つ人物を指すため、「神覚者」はただの力の保持者ではなく、その力を深く理解し、それに基づいて行動する者を意味するのです。

この深い理解と悟りが、「神覚者」を特別な存在として位置づけ、単なる「神格者」ではなく、「神覚者」という言葉が選ばれる理由となっています。

「マッシュル」強さランキング まとめ

この記事では、「マッシュル」のキャラの強さランキングTOP25を独自考察でまとめてみました。

このランキングを通じて、魔法と筋肉が織りなす「マッシュル」の世界の深さと魅力を、さらに深く掘り下げていきましょう。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました