PR

【葬送のフリーレン 】最新話123話ネタバレ感想:頑張ってきた証

「葬送のフリーレン」第123話では、シュタルクの誕生日を祝う心温まる物語が展開されます。

勇者ヒンメルの死から31年後、フリーレン一行は帝国領ヘーレン地方の街に到着し、久々に街での生活を楽しみます。

このエピソードは、キャラクターたちの日常と絆を深く掘り下げる内容となっています。

広告

「葬送のフリーレン」123話ネタバレ:街での再会と誕生日の準備

フリーレン一行が街に到着したのは、シュタルクの誕生日でした。

フリーレンとフェルンは、野営生活の困難から解放され、暖かいベッドでの休息を楽しみにしています。

フリーレンは野営でもよく眠れると言いますが、フェルンとシュタルクはその寝相に驚いていました。

フェルンはシュタルクの誕生日プレゼントとして革手袋を用意していました。

一方、フリーレンもプレゼントを用意していましたが、過去にシュタルクに変わったプレゼントをしようとした過去がありました。

そのためフェルンはフリーレンに「また変なプレゼントじゃないですよね?」と確認します。

フリーレンは、今回はハンバーグを焼くだけにすると言い、変わったプレゼントは避けることにします。

広告

「葬送のフリーレン」123話ネタバレ:シュタルクの英雄的行為

シュタルクは街で暴れ牛を止める英雄的行為を行い、街の人々から感謝されます。

この間、フェルンはプレゼントを渡すタイミングを見計らいますが、シュタルクが街の人々と親しくなる様子を見て、なかなかチャンスが訪れません。

シュタルクは鍛冶屋で斧を研いでもらう予定でしたが、暴れ牛を止めた後、街の人々との交流が深まります。

広告

「葬送のフリーレン」123話ネタバレ:プレゼントの瞬間

最終的に、フェルンはシュタルクが一人になった瞬間を見計らい、革手袋をプレゼントします。

シュタルクは自分の誕生日を忘れていましたが、フェルンのプレゼントに感謝します。

フェルンは、ボロボロになったシュタルクの古い革手袋は、彼がこれまで頑張ってきた証だと言います。

広告

「葬送のフリーレン」123話ネタバレ:シュタルクの反省と誓い

シュタルクは師匠・アイゼンとの過去を思い出し、「頑張ってきた証」の言葉を思い返します。

新しい革手袋を手に、これからもっと頑張ると誓います。

「葬送のフリーレン」123話ネタバレ:誕生日の締めくくり

夕方、フリーレンが作ったハンバーグでシュタルクの誕生日を祝います。

遅れたことに対するフリーレンの怒りもありますが、最終的には楽しい誕生日の夕食となります。

シュタルクは「誕生日と言ったらハンバーグだよな」と言い、フリーレンもおかわりを勧めます。

このエピソードは、フリーレン一行の日常の中での小さな幸せと、キャラクターたちの人間関係の深まりを描いています。

シュタルクの誕生日を通じて、彼らの絆がより強固なものになっていく様子が感じられます。

「葬送のフリーレン」123話ネタバレ:感想

「葬送のフリーレン」第123話を読んで、心が温まると同時に、物語の深さに改めて感動しました。

この話は、ただの冒険ではなく、旅を通じて築かれる絆や、小さな日常の中にある幸せを大切にする物語だと感じます。

シュタルクの誕生日を通じて、フリーレン一行のキャラクターたちがお互いにどれだけ思いやりを持っているかがよく表れています。

特に印象的だったのは、フェルンがシュタルクに革手袋をプレゼントするシーンです。

この瞬間は、フェルンのシュタルクへの深い愛情と、彼らの間に築かれた信頼関係を象徴しているように思えました。

また、フリーレンが変わったプレゼントを避け、ハンバーグを作ることを選んだことも、彼女が旅を通じて成長していることを示していると感じます。

このエピソードは、大きな戦いや壮大な魔法のシーンがなくても、読者の心を引きつける力があることを教えてくれます。

日常の小さな幸せや、人と人との絆の大切さを改めて考えさせられる素晴らしい話でした。

これからもフリーレン一行の旅を追い続けることが、ますます楽しみになりました。

「葬送のフリーレン」123話ネタバレ:まとめ

「葬送のフリーレン」第123話は、シュタルクの誕生日を祝う温かなエピソードでした。また次話に期待しましょう。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました