PR

掃除機 畳におすすめなモデルの選び方!畳のケアや注意点など

畳のお手入れは日本の家庭にとって重要な習慣です。特に掃除機の選び方は畳の状態を保つために不可欠です。今回は、畳用掃除機の選び方とおすすめモデルをご紹介します。

広告

掃除機 畳におすすめなタイプ

畳用掃除機選びにはいくつかのポイントがあります。適切な掃除機を選ぶことで、畳の寿命を延ばし、快適な生活空間を保つことができます。

掃除機のタイプ

キャニスター式とスティック式がありますが、畳には軽量で扱いやすいスティック式が適しています。

スティック式は、その軽量さが持ち運びや操作において大きな利点となります。

キャニスター式は、一般に吸引力が高いですが、畳の上での機動性には劣る場合があります。

畳用掃除機を選ぶ際は、機器の重量と扱いやすさも重要な判断基準となります。

また、掃除機のサイズや保管のしやすさも、購入時の考慮事項に含めると良いでしょう。

吸引力と機能

吸引力が強いものを選び、畳モードや細かいゴミも吸い取る機能があるものが望ましいです。

吸引力は掃除機の最も重要な機能の一つです。特に畳の隙間に入り込んだ小さなゴミを効率的に取り除くためには、十分な吸引力が必要です。

畳モードなど、畳に特化した機能があるモデルは、畳の損傷を防ぎながら効果的に掃除ができます。

細かいゴミを吸い取る能力は、特にペットを飼っている家庭にとって重要です。ペットの毛や花粉など、目に見えにくいゴミの除去に役立ちます。

また、畳の目に沿って掃除ができるようなブラシの設計も、畳用掃除機を選ぶ際の重要なポイントです。

広告

掃除機 畳におすすめなモデル

畳のお手入れに特化した掃除機のモデルは多数あります。ここでいくつかのおすすめモデルを紹介します。

パナソニック セパレート型コードレススティック掃除機 MC-NS100K

このモデルは、軽量で持ち運びやすく、日々の掃除が楽になります。特に畳の部屋での使用に便利です。

ナノイー機能付きダストボックスが付いており、ゴミ捨ての手間を軽減しながら、清潔を保つことができます。

自走式パワーブラシを採用しており、畳の上でもスムーズに動きます。軽い力で掃除ができるのが魅力です。

紙パック式のため、ホコリの飛散を抑え、アレルギーの方にも優しい設計となっています。

日立 かるパックスティック PKV-BK50L

床質に合わせた吸引力コントロール機能を搭載しており、畳からフローリングまで幅広く対応します。

このモデルは1.4kgと軽量で、畳の部屋でも簡単に持ち運びができます。軽快に掃除が行えるのが特徴です。

LEDライト付きヘッドが暗い場所のゴミも見逃さず、掃除の効率を向上させます。

紙パック式で、ゴミ捨てが簡単で衛生的です。また、パワー長持ち流路で吸引力の低下を防ぎます。

広告

掃除機使用時の畳のケア

掃除機を使って畳をケアする際には、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

畳のへりの掃除

畳のへりは最後に掃除すると良く、強くかけると破れる恐れがあるため注意が必要です。

畳のへりにはゴミがたまりやすいため、丁寧に掃除することが大切です。掃除機の強い吸引力を避けるために、力を加減しながら掃除しましょう。

畳のへりを掃除する際は、掃除機のノズルを平行に動かすことで、畳を傷つけることなく効率よく掃除ができます。

掃除機を使う際は、ノズルが畳のへりに引っかからないように注意し、優しく扱うことが重要です。

へりが破損している場合は、掃除機を使う前に手でゴミを取り除くなどの対策が効果的です。

畳モードの活用

畳モードを搭載した掃除機を使用すると、畳に優しい掃除が可能です。

畳モードは、畳に必要な弱い吸引力を提供し、畳を傷つけることなく掃除ができます。

畳用掃除機の多くは、畳の目に沿って掃除するための特別なブラシやノズルを装備しています。

畳モードを使用することで、畳に残る微細なゴミやホコリも効果的に吸い取ることができます。

畳専用の機能を持つ掃除機を選ぶことで、畳を長く美しく保つことができます。

広告

コードレス掃除機のメリット

コードレス掃除機は、その使いやすさから多くの家庭で愛用されています。

手軽さ

いつでも簡単に使える手軽さが最大のメリットです。

コードレス掃除機は電源コードの制約がないため、家のどこでも自由に移動して掃除ができます。

階段や狭いスペースでも、コードが絡まる心配がなくスムーズに掃除を進めることが可能です。

また、使用後の収納も簡単で、場所を取らずに済むため、使い勝手が良いです。

急なゴミや汚れにも素早く対応できるので、日常の清掃に非常に便利です。

高機能モデル

高機能モデルを選べば、吸引力に不安がなく、効率的な掃除が可能です。

最新の高機能コードレス掃除機は、強力な吸引力と様々な機能を備えており、従来型に劣らない性能を発揮します。

多くのモデルには、異なる種類のブラシやノズルが付属しており、さまざまな場所や汚れに対応できます。

充電時間や稼働時間も長くなっており、一度の充電で広範囲の掃除が可能です。

高機能モデルには、ダストの量を検知して吸引力を自動調整するインテリジェントな機能が搭載されていることもあります。

掃除機での畳における注意点

畳を傷めずに掃除するためには、以下の点に注意しましょう。

い草を傷つけないこと

畳の掃除では、い草を傷つけないように注意することが重要です。掃除機のブラシが畳の繊維に対して優しくなければなりません。

硬いブラシや過度な圧力は畳のい草を傷つける原因となります。優しいブラシを使用し、軽いタッチで掃除しましょう。

特に、畳の表面が摩耗しやすい部分には、掃除機の強い吸引力を避け、手入れを丁寧に行うことが大切です。

畳の湿度にも注意が必要です。過度に湿った状態で掃除機を使用すると、い草にダメージを与える可能性があります。

定期的な日光消毒や換気を行い、畳を適切な湿度に保つことも重要です。

畳の目に沿って掃除する

畳の目に沿って掃除機をかけることで、効率的かつ優しく掃除ができます。畳の目に反して掃除機をかけると、い草が傷む可能性があります。

畳の目と平行に掃除機を動かすことで、い草が傷つきにくく、ゴミも効率的に取り除けます。

重点的に掃除するべきは、畳の目の間に溜まりやすいほこりや小さなゴミです。

掃除機のノズルを畳の目に沿ってゆっくりと動かすことで、畳の奥に詰まったゴミも効果的に取り除けます。

畳の目に逆らって掃除機をかけると、い草の繊維が乱れ、畳が早く傷む原因となるため注意が必要です。

まとめ

畳用の掃除機を選ぶ際には、畳の特性を理解し、適切なモデルを選ぶことが重要です。また、掃除機の使い方にも注意して、畳を長持ちさせましょう。
この記事を通じて、畳用掃除機の選び方や使用方法についての理解を深め、より良い畳のケアを実現していただけたら幸いです。読者の皆様とのさらなる情報共有や交流を楽しみにしています。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました