【硫酸事件】花森弘卓は琉球大学理学部で映画研究サークルだった!?

硫酸事件の犯人として全国指名手配されていた男、花森弘卓容疑者が沖縄で逮捕されたというニュースが入ってきました。

花森容疑者は沖縄県の大学出身で被害男性とは同大学の同じサークルに所属していた先輩後輩の関係だったと言います。

そこで花森弘卓容疑者の大学やサークルはどこ?って事で見ていきます。

広告

花森弘卓は琉球大学出身

ついに硫酸男こと花森弘卓容疑者が逮捕されました。

凶悪事件だっただけにスピード逮捕で安心しました。

日本の警察はさすがですね。

 

花森容疑者は沖縄の琉球大学出身であることが明らかになりました。

在籍していた学部は理学部だというメディアと農学部というメディアがあり、情報が錯綜していますが、いずれにしても化学の専門知識を有していたと推察されます。

 

硫酸をかけられた被害者の男性とは同じ大学でしかも同じサークルに所属していたそうで、先輩後輩の関係でした。

今回の事件は、通り魔的な無差別事件ではなく特定の人物を狙った計画的犯行だという事です。

花森容疑者の口から犯行理由はまだ語られていませんが、2たりの間にトラブルがあったのか、一方的に恨みを持っていたのか。

早く真相が明らかになって欲しいですね。

広告

花森弘卓は映画サークルに在籍

花森容疑者と被害男性が在籍していたサークルは『映画サークル』と報道がありました。

検索すると「琉球大学映画研究会」というサークルがあることが分かりました。

 


写真に映る人物と花森容疑者とは関係がありません。

画像検索やTwitterで花森容疑者本人が写っている写真を探してみましたが、本人だと特定できるものを見つけることは出来ませんでした。

この映画研究サークルに在籍していた先輩後輩という花森容疑者と被害者男性。

年齢から考えると花森容疑者が4年生で被害者男性が1年生ということになり、接点としては1年間だけですね。

この1年間に何かしらのトラブルがあったということでしょうか。

広告

花森弘卓は静岡大学に編入し現在も在籍!?

花森弘卓容疑者は高校卒業後に琉球大学に進学しましたが、両親の病死をきっかけに地元に戻り、静岡県内の大学に編入しているようです。

大学名は特定されていませんが、花森家と付き合いのあった近所の方の証言によると花森弘卓は「生き物の研究を続けたい」と語っていたそうです。

農学部に在籍という情報が上がっています。

静岡県内で農学部がある大学という事で調べると1つにしぼられました。

花森容疑者の現在在籍している大学は静岡大学ではないでしょうか。

広告

花森弘卓の両親は既に他界し孤独の身だった

花森弘卓容疑者の両親は父が静岡駅前で整体院を開き、中国人の母は東京の病院に通う勤務医で裕福な家庭だったそうです。

花森弘卓が高校生の時に父親が急逝。

母親が東京勤務を静岡に変えて、母と二人暮らしでしたが、その後琉球大学に進学。

しかし大学在籍中に母親が病死した事をきっかけに沖縄での生活に見切りをつけて静岡の大学に編入したという経緯があったようです。

自宅に一人と身内もおらず天涯孤独の身となった事で心が荒んでいったのでしょうか?

 

 

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました